こんにちは。雨が降ると憂鬱になる今日この頃。

5年前からうつ病を患って、現状大学院生として活動できるまでになってきました(正直、今の状態から入学を目指すのならもっとマシな成長の仕方をしたと思う)。

今年は年明けから調子良く疾走していたのですが…ここに来て久々に気分が落ち込み、無気力に近い状態に。

そして昨日やっと原因に気付きました。それはずっとonモードのまま生活していたからでした。自分の場合、何かやるぞと決めたら、そのことに100%力を注がないといけない。やっている意味がないと、勝手に思い込んでしまいます。そして緊張状態(onモード)が保たれてしまいます。研究のことだけならいいのですが。プログラミング、英語、数学、経済、電子工作、音楽とかも同じようにやっていました。当然ガタが来るわけです。

それで昨日1つ1つに自問自答しました。例えば、そこまで真剣にプログラミングやる必要あるの?と思って一度やらなくて良くない?となり、いやいや、理由はわからないけどやりたいんだよ!となり、じゃぁ目標立てようとなって、目標を決めようとなったのでした。結局何か面白いWebツールを世界に発進したいなと考えていることがわかったのでそこを目標にやっていこうと思います。現状は遊んで基礎を学んでいければいいんじゃない?と思っています。

プログラミングの話にそれましたが。常に気を張ってなんてやってらんない。昔に染み付いた習慣と、トラウマが重なってそうなっていると思いますが。自分の場合、適度に不真面目になっていかないと現状を打開する(うつを克服する)ことが難しんじゃないかなと思います。

今日も静かになった夜に実験しに研究室に行くとします。最近は人の気に対して過敏になっていて人と同じ空間にいると気が滅入るので時間をずらして行動しています。うつはいろいろなところに影響するから不便なんだよな…